HOME > 警察に相談する場合

警察は積極的ではない

警察

詐欺被害に遭って警察に被害届を出すのはごく普通なことです。

しかし、警察も簡単には被害届を受理してくれないのです。

手を抜いているとかではなく、加害者(詐欺師)がどこの誰だか分からなければ、受理できないのです。

詐欺の立証や立件は難しいので簡単には、受理してもらえないのが現状です。

特に被害者側は、騙された!詐欺だ!と訴えても相手が「騙すつもりはなかった、お金は返します」と言ったら詐欺ではなく、金銭トラブルで 民事事件になってしまうのです。

民事になってしまうと警察は介入できないので、相談も聞いてもらえなくなります。

こうなってくると弁護士に相談することをお勧めします。

調査会社で証拠収集

警察に被害届を出す前に調査会社で証拠集をしてもらった方がいいでしょう。

金銭トラブルになったとしても事実関係を明確にすることによって、弁護士に解決の相談をしやすくなります。

警察も被害届の受理がしやすくなるということです。

所轄に出向く前に、東京なら警視庁、以外なら県警、道警、府警にいってアドバイスや指導を受けていくと良いでしょう。

所轄に行った時に警視庁や県警から指導やアドバイスを受けてきたというと対応が変わる場合がありますので、やってみてはどうでしょう。


詐欺被害相談

ページトップに戻る