HOME > 探偵に相談した場合

詐欺被害を探偵に相談した場合

探偵

探偵は、調査のプロですから相手のことを知りたいのなら、任せるべきです。

相手の電話番号から所在地や契約者名を調べたり対象者の行動調査も出来るので、証拠の収集はかなりの量が期待できます。

実際に弁護士等からの依頼も数多くあるらしい。

詐欺被害の相談の順番は探偵で証拠や相手の特定ができた時点で、被害金の回収をするなら弁護士、刑事事件にするなら警察に被害届を出しましょう。

直接交渉は、極力避けるのが得策です。

相手は、騙しのプロですから詐欺にならないように工作してきます。

かえって警戒させたり証拠隠しなど立件が難しくなるだけです。

直接話しても被害金は戻る確率はかなり低いので、騙されたふりをしたまま油断させて調査を進めると良いでしょう。

費用に関する注意すべき点

費用に関しての注意点は、調査依頼契約するまでは料金は発生しません。

問合せ時やサイト内に記載されている料金を鵜呑みにしてはいけません。

実際に契約するまでになんやかんやと費用の上乗せをするところがあります。

調査内容と料金に納得がいかない時は契約をしてはいけません。

中には強引に契約を迫るところもあるようですので気を付けましょう。


詐欺被害相談

ページトップに戻る